システム要件(仮)

  • warning: Creating default object from empty value in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/sites/all/modules/spam/spam.module on line 548.
  • warning: Creating default object from empty value in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/sites/all/modules/spam/spam.module on line 548.
  • warning: Creating default object from empty value in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/sites/all/modules/spam/spam.module on line 548.
  • warning: Creating default object from empty value in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/sites/all/modules/spam/spam.module on line 548.
  • : Function ereg() is deprecated in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/includes/file.inc on line 649.
  • : Function ereg() is deprecated in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/includes/file.inc on line 649.
  • : Function ereg() is deprecated in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/includes/file.inc on line 649.
  • : Function ereg() is deprecated in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/includes/file.inc on line 649.
  • : Function ereg() is deprecated in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/includes/file.inc on line 649.
  • : Function ereg() is deprecated in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/includes/file.inc on line 649.
  • : Function ereg() is deprecated in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/includes/file.inc on line 649.
  • : Function ereg() is deprecated in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/includes/file.inc on line 649.
  • : Function ereg() is deprecated in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/includes/file.inc on line 649.
  • : Function ereg() is deprecated in /home/groups/d/dr/drupal-jp/htdocs/main/includes/file.inc on line 649.

追記(2008/11/18):
長らく放置していた間に、原文が大きく変更されていました。折を見て修正いたします。

追記:
System requirements|drupal.org
の抄訳であり試訳です。
ライセンスに関しては、System requirements|drupal.org
左ブロック最下部に記されている通りです。
不精して明記していませんでした。申し訳ありません。
==========================================================================
※素人訳なので間違いはどんどん訂正して下さい。

1. PHP スクリプトを実行できるWEBサーバ

推奨: Apache
UNIX系マシン またはWindows 上にホスティングされている Apache 1.3 または Apache 2.x で動作します。
Drupalを使ったサイト開発の大半は Apache 上で行なわれているため、 Apache のほうがコミュニティの共有経験が豊富です。
クリーンURL(/?q= のないURL)を実現するには Apache の拡張機能である mod_rewrite が必要です。
※IIS での運用も可能のようですがここでは省略します。

2. PHP Drupal 4.7 以上のバージョンでは PHP 4.3.3 またはそれ以上が必要です。 PHP 5.2 は特別で、Drupal 4.7.5(またはそれ以上)か 5.0(またはそれ以上)でないと動作しません。 セキュリティ上の理由と、将来的な互換性を考慮した場合、PHP 4.x. または 5.x の最新バージョンを使用することを推奨します。

*コアシステムのインストールについては約8MBのPHPメモリーが必要です。
実際は、使用する拡張モジュールの数と性質によってもっと高い設定が必要でしょう。
16-24 MB あたりから始めてみるのが妥当だと思われます。

*PHP の XML 拡張機能(注:blogapiモジュール,drupalモジュール,pingモジュールで必要です)。
この拡張機能は、標準的なPHPインストレーションではデフォルトで有効になっています。

* PHPにおいては、Drupalを動作させるために次のようなコンフィグレーションディレクティブが必要です。
デフォルトの php.ini-dist / php.ini-recommended と相違するディレクティブのみを記述します:
o session.save_handler: user

また次の設定を推奨します:
o session.cache_limiter: none
o error_reporting set to E_ALL & ~E_NOTICE.
※Drupal6に向けてこれを E_ALL に変更する作業が行なわれています。

* これらの設定のいくつかはDrupalに同梱されているデフォルトの .htaccess ファイルに含まれているため明確に設定する必要はありませんが、
.htaccess によるPHPのコンフィグオプション設定は次の条件でしか作用しないことに留意してください:
o Apache (または互換性のあるWEBサーバ)
o .htaccess ファイルが、例えば AllowOverride は None ではないと読み込んでいる場合
o PHP が Apache のモジュールとしてインストールされている場合

* PHPへの他のインターフェースのためのコンフィグ設定の変更の仕方については PHP マニュアルを参照してください。

3. PHPがサポートするデータベースサーバ

推奨: MySQL 4.1 または MySQL 5.0.

* Drupal は v3.23.17 と 4.0 でも動作しますが、将来的なDrupal6との互換性を考慮して、4.1 または 5.0 を使用することを強く推奨します。
Drupal6 は4.1 または 5.0 よりも古いバージョンの MySQL をサポートしない予定です。

* 注: Drupal は廉価な共用レンタルサーバでは利用できない場合のあるいくつかの機能を使用していますので、
お使いのレンタルサーバで次の機能を使用できるかを確認してください:

SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, CREATE, DROP, INDEX, ALTER, CREATE TEMPORARY TABLES, LOCK TABLES

注: お使いのシステム/ホストが 4.1 以降の MySQL を使っていて、かつ次のようなエラーメッセージ
"Client does not support authentication protocol requested by server"
が出た場合は、MySQL AB の
http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/old-client.html
を参照してください。
MySQL 5+ において主として Windows 上でOSに起因する問題が発生することがありますが、UNIX環境でも同様の例が見られるようです。

※PostgreSQL でも動作しますが、拡張モジュールが対応していない場合があるので割愛します。

コメント

オリジナル文書のライセンス

この翻訳のオリジナル文書は何でしょう?
ライセンスも判れば教えてください。

drupal.org のbook です

返信遅くなってすみません。
本文にも追記しましたが、オリジナル文書は
drupal.org の
Installation and configuration
System requirements
です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ライセンスは上記リンク先の左ブロック最下部に次のように示されています。

The Drupal handbook pages
are © copyright 2000-2007 by the individual contributors and
can be used in accordance with the Creative Commons License, Attribution-ShareAlike 2.0

The Drupal handbook pages は各貢献者の著作物(© copyright 2000-2007)であり、
Creative Commons License, Attribution-ShareAlike 2.0 に従って使用可能です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
そして、上記 Creative Commons License, Attribution-ShareAlike 2.0 
のリンク先は
Copyright and licensing
になっていて、次のように書かれています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
All Drupal handbook pages are © copyright 2000-2007 by the individual contributors and
can be used in accordance with the Creative Commons License, Attribution-ShareAlike2.0.

This ※copyleft license (very similar to the GPL) allows anyone
to copy, modify, and redistribute modifications of all or part of the Drupal handbook as long as
* the license is included with all copies or redistributions.
* the Drupal handbook is attributed as the originating document.

These conditions can be waived only if permission is obtained from the copyright holder(s).

By posting comments to the pages in the Drupal handbook,
Drupal site members agree that the comments can be revised and/or
incorporated wholesale into the Drupal handbook pages under the licensing terms given above.

Contributors to the Drupal handbook are listed on the book contributors page.
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
すべての Drupal handbook pages は各貢献者の著作物(© copyright 2000-2007)であり、
Creative Commons License, Attribution-ShareAlike 2.0 に従って使用可能です。

この※コピーレフトライセンス(GPLに非常に似ています)では、誰もが、
*ライセンスがすべての複製あるいは再配布に含まれている
*オリジナルの文書が Drupal handbook であると特定できる
限りにおいて、Drupal handbook のすべて、あるいは一部を、複製・改変・改変の再配布が可能です。
※コピーレフトはコピーライトのもじりですね。

これらの条件は、著作権者からの許可が得られた場合にのみ、放棄されます。

Drupal handbook の諸ページにコメントを投稿することによって、
Drupal のサイトメンバーは、コメントは改訂され得るものであり、かつ/または
上記のライセンス条項の下で、Drupal handbook ページにまとめて一体化され得るものであることを承認するものとします。

Drupal handbook の貢献者はbook contributors にリストされています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ということで、特に明記しなくても
*オリジナルの文書が Drupal handbook であると特定できる
と勝手に判断した私の間違いでした。申し訳ありません。

気にしてませんでしたが

翻訳したのであれば、元の文書の所在も明示しないと危ないです。
当然、モノと文書のライセンス次第では翻訳といえども著作者の許可が必要な場合もありますので、注意が必要ですね。
元の文書を参考にして記述したのであれば参考としてリンクを貼った方が後々トラブルになりにくくはなると思います。
それから、日本の法の解釈では引用する場合は、引用元の文章を主本文とは区別できる方法で記述して、主本文に対してあくまでも従属的な位置づけになっている必要があり、尚かつ引用元へのリンクを提示しなくてはいけません。
その限りにおいて、引用元の文章の著作者の許可は必ずしも必要とはしないという風になっているようです。
ちなみに、リンクは著作内容を引用および転載している物ではなく、その文書の所在を明示しているだけのモノであると解釈されているので著作者の許可を得る必要はないし、著作者が拒む理由にもならないとされているようです。
だからといって、自分勝手が許されると言うことではないというのは言うまでもなくですが。

とりあえず、翻訳文に関しては注意した方がよいかと思われます。
元の文章のライセンスによってはCopyrightはグレーかもしれません。

※たぶん、Drupal.orgの文章だと思われるのでライセンスの問題はないかとは思いますが・・・。

handbookはCCの様ですね。

気になって確認したのですが、handbookはCCになっているようです。

Calling all Drupal handbook contributors: Announcing Creative Commons licensing

リビジョンも"Attribution-ShareAlike 2.0 license"なので、handbookを翻訳する場合は「表示 - 継承 2.1 日本」で互換性も問題ないでしょう。